凸版印刷、メタバース上に自分のリアルな3Dアバターを生成するサービス「メタクローンアバター」を開発

凸版印刷株式会社が、株式会社ラディウス・ファイブと協同で、1枚の写真からフォトリアルな3Dアバターを自動生成できるサービス「メタクローンアバター」を開発したことを発表しました。同社は、利用シーンを拡充することで、2023年度までに関連受注含め約50億円の売り上げを目指すとしています。

「メタクローンアバター」開発の背景

このサービスでは、「メタクローンアバター」に自分自身の顔写真を1枚アップロードすれば、入力した身長と体重の情報を元にフォトリアルな3Dアバターを自動生成することができます。

3Dアバターの自動生成には、GAN(敵対的生成ネットワーク)などのAI技術を利用しており、低解像度の写真データからも3Dアバターの作成が可能。また、架空の人物の顔写真を自動生成する事で、肖像権フリーの3Dアバターを利用する事もできるといいます。

凸版印刷によると、これまでのフォトリアルな3Dアバター製作では、CGクリエイターや機材、長期間に及ぶ制作工程などコストが高くなるため、利用者本人を模したアバターは少ないといいます。

凸版印刷ではAIおよび3D復元技術を組み合わせることで、これらの課題を解決し、簡単にフォトリアルな3Dアバターを生成できる「メタクローンアバター」の開発に至ったとのことです。

生成した3Dアバターと利用イメージ
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger