トレンダーズ、Twitterとの共同広告メニューを開始・・・SNSと購買についての調査結果も発表

トレンダーズ株式会社は、Twitter Japan株式会社との共同広告メニューとして「トレンダーズインフルエンサー×Twitterスポンサーシップ」と「おうちごはん×Twitterスポンサーシップ」を正式展開します。

「トレンダーズインフルエンサー×Twitterスポンサーシップ」メニューは、 独自ネットワークを活用したパッケージプランです。Twitter上でのインフルエンサー投稿コンテンツとTwitter広告配信を組み合わせて提供し、美容、食、ファッションなど、さまざまな領域のTwitter上でのインフルエンサー施策を支援します。

起用するインフルエンサーは、トレンダーズ独自のインフルエンサーネットワーク「LIN(Life-Influencers Network)」を活用。SNSを普段から利用しているトレンド感度が高い層が投稿します。インフルエンサーによる投稿だけでなく、その投稿を活用したTwitter広告を配信することで情報拡散の最大化を狙います。

「おうちごはん×Twitterスポンサーシップ」メニューは、食メディア連動で2種類のSNSを網羅したパッケージプランです。トレンダーズが運営するWEBメディア「おうちごはん」のメディアコンテンツとTwitter広告を組み合わせて提供します。

「おうちごはん」主体のSNS投稿キャンペーンを通じて、TwitterとInstagramの双方にブランドのUGCを生み、そのUGCを活用。Twitter広告で効率的にリーチを図ります。Twitter等でのクチコミやUGCと自社のコンテンツ、広告類との連携ができていない課題や、InstagramとTwitter両方での露出を効果的に狙いたいといったニーズに対応するメニューです。

SNSでの情報接触と態度変容について

トレンダーズは、共同広告メニューの提供にあたり、SNSが生活者の購買に与える影響について調査し、結果を発表しました。対象は、TwitterとInstagramのユーザー(20~40代男女)542名です。

Twitter上でのインフルエンサー投稿による態度変容について調査したところ、普段の投稿とPR投稿とではほぼ差がなく、認知・検索・検討・購入すべてのステップで行動をとった経験がある人が4割程度いました。

Twitterでの情報接触の影響で購入したことがある商品・サービスのカテゴリを見ると、最多は56%の「食品」でした。次いで37%の「飲料(アルコール以外)」。その他、「服飾品」(34%)、「アルコール飲料」(32%)、「家電類」(30%)、「ポイントメイクアイテム」(同率30%)、「生活雑貨・消費財」(同率30%)、「スキンケアアイテム」(同率30%)などが並んでいます。

食カテゴリでのSNSの影響を見ると、約2人に1人となる54%が「SNSのレシピ投稿を見て、献立を決めたことがある」と回答。約4割となる36%が「SNSのレシピ投稿を見て、自分で試し、投稿したことがある」と答えています。

このうち、Twitterでレシピ投稿を見て献立を決めたことがあると答えた人は42%、Instagramは61%。同じく、レシピ投稿を見て試したあとに投稿した経験はTwitterが36%、Instagramが57%でした。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,453フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger