ID管理のOkta、買収した「Auth0」との統合を進める

IDaaSの代表格、Oktaは12月1日に2021年7〜10月期決算を発表。売上高は3.5億ドル(前年比61%増)と加速した一方、営業損失は2億ドルにのぼる。通期売上予想の上方修正を発表した。

注目する理由:SlackやSalesforceなど7,000以上のアプリケーションでシングルサインオンを利用できる。セキュリティや生産性向上などあらゆる観点から、その重要性は高まり続けている。

総顧客数は14,000社(前年比49%増)を超え、年契約額10万ドルを上回る大口顧客は2,825社(同59%増)に増えた。四半期に215社を増やしたが、そのうち約半分が新たな顧客だった。

Okta 売上高の推移

10月に買収を完了した「Auth0」と互いの顧客基盤に対しクロスセルを実施。着実に成果を上げ始めている一方、シナジー創出はまだ初期段階。来年2月に営業組織を統合して再スタートを切る。

10月に行われたバーチャルイベント「Showcase21」では、CEOのトッド・マッキンノン氏が登壇。認証実行数は月間数十億件に達しており、前年比117%の勢いで成長をしているという。また、Auth0とOktaで重複する顧客は2%に満たないことなども強調された。

公共部門では新たに連邦政府機関の運輸省から契約を獲得。アメリカではサイバーセキュリティに関する大統領令が出されるなど、多要素認証やID管理の重要性がますます高まっている。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事