米メタ、VRプラットフォーム「Horizon Worlds」を米国とカナダで一般公開・・・「メタバース企業」へ前進

現地時間9日、米メタは、ソーシャルVRプラットフォーム「Horizon Worlds」を米国とカナダの18歳以上を対象に無料で一般公開したことを発表しました。

「Horizon Worlds」は、プレイヤーが変化していくバーチャル空間を探索できるだけでなく、自身のアバターやオブジェクトを作成したり、ほかのプレイヤーとコミュニケーションを取ったりできるソーシャルプラットフォームです。2019年に初めて発表された同プロジェクトは、2020年から招待制ベータとして提供されていました。

クリエイターへの賞金も

メタは、1年間の招待制ベータ機関中に得られたフィードバックをもとに、クリエイターツールの改善を行ってきました。一般公開に合わせ、クリエイターがゲームなどを作るための新たな仕組みやテンプレートを公開。また、チーム制のシューティングゲームも発表しています。

チーム制シューティングゲーム「Arena Crash」のイメージ

今回の発表では、10月に発表した1000万ドル規模の「Horizon」クリエイター支援ファンドの続報も発表されました。ファンド設立後、賞金付きのクリエイターコンペティションが開催されており、その受賞者を今月末に発表するとのことです。

またメタは、Instagramが若年層ユーザーへ与える悪影響について激しい非難を受けるなど、ユーザー保護の取り組みについて注目を集めています。「Horizon Worlds」は18歳以上を対象としているほか、Facebookの「コミュニティ規定」や「Conduct in VR Policy(VRにおける行動規範)」を遵守することを呼び掛けています。プラットフォーム内でいやがらせや差別、ストーカー行為を受けた際には、相手をブロック、ミュート、報告したり、いつでも「セーフゾーン」と呼ばれるパーソナルスペースに移動したりといったことが可能です。

「メタバース企業」への一歩

メタは2018年にVRハードウェア/ソフトウェア開発企業のオキュラスを買収し、傘下に取り込みました。今年に入ってからはメタバース実現への取り組みを加速させ、10月には欧州でのメタバース人材1万人の雇用計画を発表。今四半期からはAR/VR製品を開発する「Facebook Reality Lab」を「Reality Lab」へ改称し、独立したセグメントとして分離することも明かしました。

10月末、 フェイスブックからメタ(Meta)へと社名を変更。CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、「今後10年以内に10億人がメタバースを利用することを目指す」と述べました。「ソーシャルプラットフォーム企業」から「メタバース企業」へ生まれ変わろうとしている同社にとって、今回の「Horizon Worlds」一般公開は重要なマイルストーンと言えそうです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger