DX支援のゆめみ、ビジネスWebメディア運営のSELECKを買収、メディア価値向上を目指す

DX(デジタルトランスフォーメーション)や内製化支援を手掛ける株式会社ゆめみは、2021年12月24日付でビジネスWebメディア「SELECK(セレック)」を運営するSELECK株式会社の株式総数の約80%を取得し、子会社化したことを発表しました。

「SELECK」は2015年5月より、多数の企業のデジタル化事例やノウハウなどを中心にコンテンツを発信してきたビジネスWebメディアです。

SELECKトップページ

SELECKの代表には、舟迫 鈴氏が引き続き就任します。今回の買収を通して、「SELECK」の事業継続と企業価値の向上を図るとともに、SELECKのデジタル人材や内製化支援企業とのネットワークを生かし、事業を加速・拡大させていく狙いです。

ゆめみ 代表取締役である片岡俊行氏は今回の資本提携について、自身のnoteのなかで経緯を説明。「あくまでSELECKのメディア価値のさらなる向上を目的」としており、「SELECKの運用体制を強化して、コンテンツ配信頻度を上げるなども行なっていきたい」と述べています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,462フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

弁護士ドットコムと日本経済新聞社が提携・・・企業研修向けコンテンツの提供で

日本経済新聞社は13日、弁護士ドットコムとコンテ...

米国で初めてテレビ視聴の3割がストリーミングに【Media Innovation Weekly】5/23号

米国で初めて、テレビ視聴に占めるストリーミングの割合が3割を超えたということです。ニールセンの最新レポートをバラエティが伝えました。

マリオットがホテル客室内で広告配信を開始、米ヤフーと提携

米国メリーランド州ベセスダを拠点とし、139の国...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger