KDDI、都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる「XRscape」を提供

KDDI株式会社株式会社Psychic VR Labが、5GやVPSなどのXR技術で実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる空間のメディア化ソリューション「XRscape (エックスアールスケープ)」の提供を開始すると発表しました。提供開始は2022年2月1日からとなっています。

「XRscape」は、実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツなどを自由に配置・配信できる空間のメディア化ソリューション。XRクリエイティブツール「STYLY Studio」を用いて、都市空間に重ねるAR/MRコンテンツを簡単に制作、管理、配信が可能です。

具体的には、バーチャル広告やコンテンツを実在の都市空間に自由に重ねて設置できるほか、都市の回遊性を高めるARスタンプラリーなども簡単に実施でき、都市全体を大規模なプロモーションなどに活用できるとのことです。

また、屋外広告やデジタルサイネージなどの物理的な設置枠に関係なく、空間に自社の広告を配信することも可能に。既存の屋外広告枠と合わせて配信することで、ユーザーへの訴求を強化することができます。

さらに、IPキャラクターを3Dモデルで特定の場所に出現させ、キャラクターと一緒に写真を撮る体験や、ユーザーの行動に合わせてキャラクターが反応するなどのインタラクティブな体験も提供できるとのことです。

利用者はKDDIのXRアプリ「SATCH X powered by STYLY(以下 SATCH X)」を使いスマートフォンをかざすだけで、実在の空間にコンテンツを重ね合わせる「XRのある風景 (XRscape)」に簡単にアクセスできます。

「SATCH X」画像認識によるARコンテンツ表示機能、QRコードリーダー機能、XRコンテンツ表示機能等を備えた5G・XRビューワーアプリ

「XRscape」提供開始にあたり、KDDIとPsychic VR Labは、株式会社パルコと連携し、スタートアップのビジネスモデルと大企業のリアルアセットを活用して新規事業創出を目指す事業共創プログラム「∞(ムゲン)の翼2021」の一環として、東京都渋谷区の渋谷PARCO 1階「ナカシブ通り」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を空間のメディア化の対応施設に決定。都市空間向けのコンテンツ制作と配信は、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の6都市で対応しており、今後全国の都市や施設に拡大していくとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger