TBWA HAKUHODOと朝日新聞が共同企画「Journa-Rhythm(ジャーナリズム)」を制作・・・ニュース×音楽でZ世代のニュースへの関心を惹起

株式会社TBWA HAKUHODO株式会社朝日新聞社が共同で「Journa-Rhythm」(ジャーナリズム)を制作し、朝日新聞ポッドキャスト「ニュースの現場から」にて配信すると発表しました。

「Journa-Rhythm(ジャーナリズム)」は、若年層のニュースへの関心を惹起するため、若手ヒップホップアーティストがニュースや社会問題への想いをラップのリズムにのせて、社会や同世代に発信することを目的とした企画です。

具体的には、長年にわたりヒップホップ界を牽引してきたZeebra氏が選抜した若手ヒップホップアーティスト5名が、朝日新聞で報じられた特定のニュースをもとに歌詞を綴り、オリジナルのヒップホップ楽曲を製作し、朝日新聞ポッドキャスト「ニュースの現場から」で配信。番組内では、歌詞に込めた思いやニュースに触れて感じたことなども語られるといいます。

取り上げる報道や社会問題のテーマはアーティストとの協議で選定され、現在Moment Joon氏の「移民」(3月3旬配信予定)、Gucci Prince氏の「格差社会」(3月10旬配信予定)、Authority氏の「低所得」(3月17旬配信予定)、Marukid氏の「出産」(3月24旬配信予定)、T-STONE氏の「自殺」(3月31日配信予定)が予定されています。また、全番組のメインゲストとして、オーガナイザーであるZeebra氏が登場するとのことです。

オーガナイザーのZeebra氏

「Journa-Rhythm」特設ウェブサイトでは、ポッドキャストでの配信に加え、制作したオリジナル楽曲の歌唱風景を収録したミュージックビデオも公開されています。

TBWA HAKUHODOは、博報堂、TBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社です。同社のCreative Directorである荒井信洋氏は今回の企画について、同じ1つの社会に対して報道とヒップホップというまったく異なる2つの「道」がともに取り組む「規制なきフリースタイル」であるとし、「新しい報道の形として、Z世代をはじめ、世の中に広く届けばと思っています。」と述べています。

■企画概要
配信期間:2022年3月3日(木):第1弾配信。その後3月31日(木)まで毎週木曜日に配信予定。
掲載メディア:朝日新聞ポッドキャスト「朝日新聞 ニュースの現場から
(Apple Podcasts / Google Podcasts / Spotify / RSS feed)
朝日新聞公式YouTubeチャネル「ADS」
朝日新聞デジタル「Journa-Rhythm」特集ページ
制作協力:株式会社TBWA HAKUHODO

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事