朝日新聞社が提供するローカルSNS「地区トーク」がサービス終了

株式会社朝日新聞社が、2021年3月から提供してきたローカルSNS「地区トーク」を2022年4月26日(火)午前11時に終了すると発表しました。

「地区トーク」は、近所の人々の間にやわらかいつながりをつくることで、助け合いを生み出し、町の暮らしをもっと楽しくすることを目的にスタートしたSNSです。ユーザーは匿名で利用でき、近所に住む人の投稿だけがタイムラインに掲載され、近所に関する細やかな情報が得られるのを特徴としていました。

また、自分の投稿にもらったいいねを「1いいね=1円」相当で電子マネーに交換するサービスも。ひと月に26,000件を超える情報交換が行われ(2021年10月実績。投稿・トーク合計)、活発なコミュニティを築いていたといいます。

しかし、朝日新聞社は、今後サービスを提供し続けることは難しいと判断。4月26日(火)午前11:00をもってWEBサイト版・アプリ版の全サービスを終了することを決定しました。

貯まったポイントの交換申請はサービス終了日時までに行う必要があり、交換申請後、pring電子マネーの振込までに約5日程度かかるとのことです。交換時に50円分の交換手数料が差し引かれるため、交換は51ポイント以上から申請可能となります(ポイント交換までの流れ)。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

BuzzFeed Japan、ZHDの持分を朝日放送グループHDとバリューコマースが取得

独自のスタイルでニュース、カルチャー、ショッピン...

米シカゴの約8割がローカルニュースへの支払いに消極的・・・ニュースは無料が習慣化

ノースウエスタン大学のメディルは、シカゴ住民を対...

「ソーシャルメディアでの存在感は期待されない」ガーディアンも記者の利用を再考【Media Innovation Newsletter】5/16号

先日お伝えしたように、ニューヨーク・タイムズはTwitter利用を減らすように呼びかけ、ガーディアンもガイドラインの更新を明らかにしました。

オールアバウトの通期業績、減収減益も「PrimeAd」などに投資

株式会社オールアバウトが11日に発表した2022...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger