DACとトーチライト、ECとPinterestを連携するコンサルティングサービスを提供 導入から運用までをワンストップで支援

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社株式会社トーチライトが、企業のECサイトと、ひらめきを行動に変えるプラットフォーム「Pinterest」を連携するデータフィードコンサルティングサービスの提供を開始すると発表しました。

本サービスは、博報堂DYグループのEC領域に特化した組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」の取り組みの一環です。

本サービスは、企業がショッピングやダイナミック広告を実施する際、プラットフォームごとに自社商品との連携を行う必要があり、各プラットフォームのフォーマットに合わせたデータフィードの生成やデータ取得のための高度なタグの実装など、企業にとって導入・運用のハードルが高いという課題を解決するものです。

これまでDACの「CROSS COMMERCE Studio」ではトーチライトの「seil」を活用し、Google、Criteo、Meta(Facebook/Instagram)、Yahoo! JAPAN、LINE、SmartNewsなどにおいて、プラットフォームを横断してショッピングやダイナミック広告のコンサルティングを一手に担うデータフィードコンサルティングサービスを提供。今回、新たなサービス対象としてPinterestを追加しました。

「seil」はこれまでも、2020年からPinterestの「プロダクトピン」(検索結果や企業アカウントにECサイトの商品リストを掲載できる機能)に対応し、サービスを提供。さらに2022年6月にPinterestアドの提供を開始したところ、各種広告フォーマットの需要が高まったことから、今回さまざまな企業とPinterestのデータフィード連携を容易にする「テンプレート機能」に対応。これにより、他のプラットフォームや自社ECとのPinterest連携を簡易に行えるようになったといいます。他にもサイトクローリングによるマスターデータの自動生成機能や商品画像加工機能、テキスト加工機能など、Pinterestの特徴に合わせて効果的なデータフィード連携を実現するオプション機能も利用可能になったとのことです。

DACとトーチライトは、Pinterestで自社の商品を訴求する企業には「seil」(ツール)の導入をはじめ、アカウントの開設・データフィードやタグの実装などのオペレーションサービス、「プロダクトピン」を効果的に表示させ広告パフォーマンスを最大化するためのコンサルティングサービスが重要であるとし、こうしたデータフィードの導入から運用までの全工程をワンストップで支援していくとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事