クリエイティブ制作へのAI活用を研究する「電通クリエイティブインテリジェンス」発足

電通グループの国内事業を統括・支援する電通ジャパンネットワーク(DJN)傘下の株式会社電通と株式会社電通デジタルは、クリエイティブ制作プロセスへのAI活用を研究する横断組織「電通クリエイティブインテリジェンス」を発足しました。

「電通クリエイティブインテリジェンス」は、顧客企業のマーケティング活動を支援する組織です。これまでにない研究を通じて制作プロセスをAI技術で新しいものにし、広告や顧客体験の質、価値や効果を高めていきます。

また、発足に合わせ、国立大学法人東京大学次世代知能科学研究センターと共同研究を開始。創造的な思考プロセスのAIによる体系化とその強化、AIを活用した高度なデータ解析に基づく広告クリエイティブの分析や効果予測、自動生成技術の研究を進めるとともに、新しいソリューションの開発やクリエイターの発想支援にも取り組みます。

さらにDJNでは、同組織の設置と共同研究を通して、国内事業での広告宣伝変革領域(AX)の事業強化を推進していきます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事