CAMPFIRE、秋田県特化クラウドファンディングサイト「SCOP」を開始 秋田魁新報、秋田銀行と共同運営

株式会社CAMPFIRE秋田魁新報秋田銀行と連携し、秋田県に特化したクラウドファンディングサイト「SCOP(スコップ)」の共同運営を開始したと発表しました。

「SCOP」は、Social Crowdfunding Open Platformの頭文字をつなげた造語。地域課題を解決する開かれたプラットフォームという意味と、スコップのように地域の魅力を掘り起こし、新しい秋田、元気な秋田をつくるプロジェクトを全国の人たちに発信したい、応援してほしいという願いが込められているといいます。

「SCOP」では、プロジェクトの開設までを秋田魁新報と秋田銀行がサポート。県内の事業者、個人、NPO法人やボランティア団体などの企画に多くの人から資金を募り、夢の実現を手助けするとしています。

また、プロジェクト実施期間中、秋田魁新報紙面に新聞広告を2回掲載できるほか、秋田銀行の公式SNSやアプリ等でプロジェクトをPRし、プロジェクトを支援するとのことです。

現在、「SCOP」新スタート記念キャンペーンとして「手数料減額キャンペーン」を実施中。2022年11月末までにプロジェクトを公開できる方が対象となります。

「SCOP」掲載相談、キャンペーンに関するお問い合わせ
https://www.sakigake.jp/forms/scop-akita/

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,474フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事