JX通信社、兵庫県三田市と「NewsDigest」を活用した防災・スマートシティ推進に関する協定を締結

株式会社JX通信社は、兵庫県三田市と、三田市の防災・スマートシティの推進を目的とした協定を締結しました。

三田市は、災害対策本部事務局運営訓練(2022年7月)にて、JX通信社が開発提供しているSNS災害情報収集サービス「FASTALERT(ファストアラート)」を試行的に活用し、災害時のSNSとAIの有効性を確認したことから、今回の協定を締結。災害時のDX推進だけではなく、JX通信社が運営している地域参加型ニュースアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」も活用し、平常時のDX推進の可能性も広げることを目指します。

防災・スマートシティ推進のためのソリューションとして、近畿地方で行政が「NewsDigest」の利用を地域に推進していく取組みは初となります。JX通信社は今後、「NewsDigest」や、AIとSNSを活用したリスク情報収集サービス「FASTALERT」を通じて、防災・スマートシティの推進に貢献していきます。

連携と協力事項

防災の「自助」「共助」「公助」の観点から、課題を解決する取り組みを行います。また、デジタル技術を活用した新たなサービスにより、「災害時の市民生活の安全安心の確保」や「平常時の市民生活の質の向上」「市役所のスマート化」に関する取り組みを行います。

さらに、さんだ里山スマートシティ推進に関する取り組みや、さんだ里山スマートシティ官民共創プラットフォーム会員等との共創事業を実施。その他、これらの目的達成に必要なことを進めていきます。

「NewsDigest」について

報道価値の高いニュースをAIで速報提供するニュースアプリです。NewsDigestから投稿された情報やTwitter等のSNSに投稿された情報は、デマ情報をAIで自動的に排除できるAI危険情報リアルタイム配信サービス「FASTALERT(ファストアラート)」で解析された後、リアルタイムに閲覧できます。

「FASTALERT」について

SNSから災害、事故、事件などのリスク情報をAIが収集し、配信するWebサービスです。全国の大半のテレビ局や新聞社での採用のほか、警察、消防、自治体、一般企業等での導入実績もあります。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事