イードがハイテク技術見本市「CES 2023」の現地レポートと報告会のパッケージを販売 テック業界のトレンドを紹介

株式会社イードが、2023年1月5日~8日までアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級の家電・デジタル機器の見本市「CES 2023」の現地取材レポートと報告会のパッケージプランを販売すると発表しました。

「CES 2023」は、全米民生技術協会(CTA)が主催する世界最大級の家電やデジタル機器の見本市。1967年から毎年開催され、かつては大手家電メーカーがテレビやオーディオなどを展示する家電ショーでしたが、近年はスタートアップ専用エリア「Eureka Park」をはじめ、スタートアップやモビリティ関連の展示が盛況で、注目を集めているといいます。

イードは、今回「CES 2023の現地取材レポート」と「報告会」のパッケージプランを制作。昨年まで過去7年間にわたりCESの取材を続けてきた自動車総合ニュースサイト「レスポンス」編集人の三浦和也氏と元副編集長のジャーナリスト佐藤耕一氏を制作担当者に据え、トレンドの変遷をレポートする予定とのことです。

■現地取材レポートの内容

  • 30~50ページのPPT+15分~30分の動画レポート
  • 現地会場からの臨場感ある動画とオンライン出展情報のまとめ
  • 俯瞰したトレンドを2~3テーマにまとめたストーリー性のあるレポート

■報告会(120分オンラインセミナー)

  • 約90分の動画付レポートでの報告+30分程度の質疑応答
  • 本パッケージプラン購入企業様専用の報告会のため、気兼ねなくご質問いただけます
  • 参加人数は本パッケージプラン購入企業様内であれば無制限です

■価格

550,000円(税込)
※現地取材レポート、報告会のパッケージ価格。商品はパッケージのみの販売となります。

イードによると、「CES 2023」ではCTAが前回までCESのトピックスとして挙げていたスマートシティ、スマートホーム、ビークルテクノロジー、サステナビリティ、デジタルヘルスに加え、Web3とメタバースにも要注目とのことです。

また、目玉でもあるオープニング基調講演は、BMW CEOのオリバー・ジプセ氏が登壇予定。他にも農機メーカー大手のジョンディア CEO ジョン・メイ氏や、AMD CEOのリサ・スー氏も基調講演に登壇する予定とのことです。

「CES 2023」調査レポートパッケージプランのご案内資料をご希望の方は、お問合せ窓口までご連絡ください。

※Media Innovationは株式会社イードによって運営されています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事