CARTA HOLDINGS、D-Marketing Academy社を完全子会社化

株式会社CARTA HOLDINGSが、企業のWebマーケター育成を行う動画eラーニング事業を展開するD-Marketing Academy(ディーマーケティングアカデミー)株式会社の全株式を2023年1月6日付けで取得し、完全子会社化したことを発表しました。

D-Marketing Academy社は、企業のWebマーケター育成を行う動画eラーニングサービス「D-Marketing Academy」を開発・運営する企業です。「日本中の企業にWebマーケターを」をミッションに掲げて2021年4月に設立。Webマーケティングを基礎から学べる約300の動画授業をはじめ、学習した情報・ノウハウのインプットや理解度を確認するテスト機能、学習進捗に合わせてレベル表示がされるアウトプットを促進する機能を提供しています。

CARTA HOLDINGSによると、国内のインターネット広告市場が高い成長を続けるなか(出典:株式会社電通 「2021年 日本の広告費」)、Webマーケティング施策が高度化・多様化する一方でWebマーケティングを担う人材が不足しており、企業において人材の採用や育成が大きな課題になっているといいます。

また、D-Marketing Academy社代表取締役CEOの寺田昇平氏によると、2020年のコロナをきっかけに、日本・世界がデジタル化(DX)を加速。国や企業にとって「新たな環境へ適応するために、一歩先へ行くために、各企業がWeb(デジタル)マーケティングを学ぶことを避けては通れない状況である」と分析しています。

今回、CARTA HOLDINGSがD-Marketing Academy社を完全子会社化することにより、CARTA HDグループが持つ多様なWebマーケティングのノウハウを融合。一層の競争力強化と付加価値向上の実現による事業拡大および顧客満足の向上を目指すとともに、国内のWebマーケター人口の拡大にも貢献していくとしています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事