【1月24日(火)開催】Media Innovation Seminar #3 2023年のメディア業界を大予想

Media Innovation新年最初のイベントは「2023年のメディア業界を大予測」として、様々なメディアや調査機関から発表されている2023年の予測に触れながら、今年のメディア業界がどのようになっていくか考えてみたいと思います。

記事でも既に取り上げたように、ロイター研究所による「ジャーナリズム、メディア、テクノロジーのトレンドと予測 2023年」ニーマンラボの「2023年のジャーナリズム予想」など様々な予測が発表されています。イベントではこれらを読み解きながら、話を進めていければと思います。

メディア業界は今年も激変が予想されます。景気後退懸念は日に日に高まっていて、ビッグテックのレイオフも相次いでいます。メディアの広告収益には既に大きな打撃がありながら、サードパーティクッキー廃止も近づいています。ウクライナ戦争で顕著になったようにサイバー空間の情報戦争は激しさを増していて、Twitterから端を発したソーシャルメディアの問題、AIやメタバースなどテクノロジーの進化など取り組むべき課題は満載です。

そんな2023年を一緒に考えていければと思います。ぜひご参加よろしくお願いします。

参考記事 「全部入りメディア」メタバースとAIの普及が進化を促進?・・・2023年のメディア業界展望(10)

Media Innovation Seminar #3 2023年のメディア業界を大予想
・日時 2023年1月24日(火) 20:00~21:00(予定)
・会場 Zoomによるオンラインセミナー ※メールで参加URLをご案内します
・会費 500円(Media Innovation有料会員は無料)

※本イベントは有料イベントですが、Media Innovation Guildのライト会員、プレミアム会員の皆様には無料で参加いただけます。月額980円からご利用いただけますのでこの機会にぜひご登録ください(詳細)。

登壇者

・堀鉄彦 株式会社コンテンツジャパン 代表取締役
1986年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。 日経イベント、日経パソコン、日経ネットナビなどの雑誌編集を経験後、独立し、2018年4月に(株)ブロックチェーンハブに参画。グループ内に(株)コンテンツジャパンを立ち上げる。ブロックチェーン×コンテンツのプロジェクトに取り組む。電子出版制作・流通協議会や電子書籍を考える出版社の会など複数のメディア系業界団体でデジタル系サービスの動向レクチャーを定期的に行っています。

・土本学 Media Innovation 編集長

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事