セールスフォース、NFTプラットフォーム「Salesforce Web3」を発表・・・複数のブランドがパイロットテストに参加

セールスフォースは、Web3とNFTを活用してブランドと顧客の関係を深めるためのプラットフォーム「Salesforce Web3」を発表しました。

「Salesforce Web3」は、企業が信頼できる、持続可能な方法でNFTを作成、管理、展開できるように支援するプラットフォームで、同社は、Web2(従来のインターネット)とWeb3(分散型のインターネット)の両方でつながった顧客体験を提供するとしています。「Salesforce Web3」は、「Salesforce Customer 360」と統合されており、CRM(顧客管理システム)からNFTコレクションを追跡したり、マーケティングやサービスなどの機能と連携したりできるとのこと。

また、「NFT Management」という機能では、スマートコントラクトのテンプレートを使って簡単にNFTコレクションを作成し、メタデータや画像などの情報を管理し、オークションサイトやソーシャルメディアなどに展開することができる。また、「NFT Management」は、「Polygon」というブロックチェーンに接続されており、低コストで高速なトランザクションが可能です。

Salesforce Web3は、「クラウン・ロイヤル」(ウィスキーブランド)、「マテル」(玩具)、「スコッチ&ソーダ」(ファッション)といったブランドとパイロットプログラムを実施しました。「クラウン・ロイヤル」はNFTを持つ顧客に特別な体験を提供。マテルは「バービー」「ホットウィールス」といった人気商品のNFTを作成。「スコッチ&ソーダ」は新しいコレクションのレビューや限定アイテムの販売を実施しました。これまでのパイロットプログラムでは27万5千件以上のトランザクションが行われたということです。

マテルの展開したNFTコレクション

また、セールスフォースではアクセンチュアやデロイト、AE Studios、Media.Monks、TIME、Vayner3などが企業のWeb3導入や様々な実験活動に参加しているということです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,470フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

オプト、広告クリエイティブの制作にChatGPTと効果予測AIを活用 広告業界初

株式会社オプトは、広告業界初の取り組みとなる、O...

2月TVCM放送回数ランキング 体調不良を予防する商品のCMが増加

SMN株式会社のグループ会社である株式会社ゼータ...

黒人テックコミュニティを支援するメディア「The Plug」が活動終了、新たな道へ

米国で黒人のテックコミュニティの支援を行ってきた...
Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事