ニューズ・コーポレーション、通期は大幅な減収減益・・・生成系AIを積極活用している事も明らかに

2023年8⽉10⽇ ‒ ニューズコーポレーションは本⽇、6⽉30⽇に終了した3か⽉および会計年度の財務結果を報告しました。

企業 業績
【12月13日(水)開催】Media Innovation 2023年プチ忘年会開催します
<p>Photograph by Michael Nagle/Getty Images</p>
  • <p>Photograph by Michael Nagle/Getty Images</p>
  • ニューズ・コーポレーション、通期は大幅な減収減益・・・生成系AIを積極活用している事も明らかに
  • ニューズ・コーポレーション、通期は大幅な減収減益・・・生成系AIを積極活用している事も明らかに

ニューズコーポレーションは10⽇、第4四半期(4-6月)の業績と年度の業績を発表しました。通期の売上高は98億8000万ドル(-5%)、純利益は1億8700万ドル(-75%)と減収減益となりました。

前期は大幅な減収となりましたが、デジタル収入への転換が進むなか、ロバート・トムソン最高経営責任者(CEO)は、前途は明るいと楽観視しています。「インフレが和らぎ、金利が落ち着き、住宅市場にも安定した兆しが見え始めている」ことに加え、「デジタル事業の収益が50%を超えたことに加え、今後、ジェネレーティブAIを活用した事業コストの削減の寄与」を確信していると述べています。


《前田邦宏》

関連タグ

前田邦宏

前田邦宏

メディアイノベーション見習いスタッフ。海外調査の最新動向を担当。分野を問わず、調べ物が好き。

特集