「フットボール批評オンライン」マイクロペイメント導入で収益性向上

・フットボール批評オンライン、マイクロペイメント導入 ・PV単価、広告マネタイズの3.5倍を記録 ・マイクロペイメント、Webメディア収益向上の手段

ブランドチャンネル フォーエム
「フットボール批評オンライン」マイクロペイメント導入で収益性向上
  • 「フットボール批評オンライン」マイクロペイメント導入で収益性向上
  • 「フットボール批評オンライン」マイクロペイメント導入で収益性向上
  • 「フットボール批評オンライン」マイクロペイメント導入で収益性向上

AnyMind Group株式会社の子会社で、Webメディア・モバイルアプリ運営事業者向けにメディアパートナー事業を展開する株式会社フォーエムは、株式会社カンゼンが運営するWebメディア「フットボール批評オンライン」にマイクロペイメントサービスを本格導入しました。これにより、顧客体験向上と広告マネタイズ以外の収益モデルの確立を目指します。


「フットボール批評オンライン」は、株式会社カンゼンが2014年に創刊したサッカー情報誌で、Web上で高品質なコンテンツの配信を実現するために、既存の広告収益モデルに加え、さらなるマネタイズの手法を模索していました。その一環として、マイクロペイメントサービスの試験導入を開始し、PV単価は広告マネタイズの3.5倍を記録しまし

この結果を受けて、マイクロペイメントの本格導入が決定しました。マイクロペイメントは、過剰な広告によるユーザー体験の低下を防ぎつつ、Webメディアの収益を確保するための有用な手段となります。

フットボール批評オンライン編集長の加藤氏は、「マイクロペイメントの導入により、日本のユーザーはデジタルコンテンツに課金する意欲があり、マイクロペイメントからの収益性は広告よりも高い傾向にあることが分かった。データ収集も可能で、向いているコンテンツや最適な価格設定についても理解も深まってきた。これらのデータを活用し、収益性の高い記事に集中することで、広告マネタイズとの両立を強めていく」とコメントしています。


株式会社フォーエムは、今後もWeb Publisherの持続的な成長を支えるため、このマイクロペイメントを含むAnyManagerを活用した、包括的なWebメディアの収益向上に貢献し続けるとしています。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集