株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の17歳から69歳の男女1,100名を対象に『動画&動画広告月次定点調査』を、2017年6月から毎月1回実施。このたび、2018年1月から12月までの調査データを分析し直し、『動画&動画広告月次定点調査2018年総集編』として発表しました。325ページに及ぶレポートが無料でダウンロード提供されています。

2018年の動画&動画広告関連分野における主なトピックスは下記のとおりです。

  • 約3割が動画コンテンツを毎日視聴。10代は半数超え
  • 半数以上が1日に平均30分以上、動画コンテンツを視聴
  • 動画視聴プラットフォームとして「Instagram」が躍進
  • 10代が動画を視聴するプラットフォームとして「Instagram」が約6割
  • 約2割が「Instagram」で動画広告を視聴
  • ライブ動画視聴サービスの利用率首位は「YouTube」、2位「ニコニコ生放送」
  • 10代の約3割が動画プラットフォーム「TikTok」を利用中
  • 動画視聴時、スマートフォン横向きは減少傾向

写真・動画共有アプリ「Instagram」の躍進が目立つ結果となっています。2018年に最も利用された動画プラットフォームは、2017年に引き続いて「YouTube」でした(2017年6月度調査:91.7%、2018年12月度調査:91.0%)が、利用率を伸ばしているのが「Instagram」(2017年6月度調査:20.0%、2018年12月度調査:28.3%)。特に、10代では、「Instagram」は昨年1年間で利用率を2倍以上伸ばしています(2018年1月度:26.8%、2018年12月度:59.4%)。

また、「週に1日以上動画コンテンツを視聴する」と回答した人に対して動画を視聴するプラットフォームを聞いたところ、2018年12月度調査で最も回答が多かったのは「YouTube」(91.0%)、次いで「Twitter」(29.3%)、「Instagram」(28.3%)という結果でした。

他の動画プラットフォームが横ばいで推移するなか、「Instagram」は2017年度調査に対し2018年12月度調査では8.3ポイント伸び、動画視聴プラットフォームとして広く浸透してきているようです。

また、動画プラットフォームである「TikTok」が、10代における利用率が2018年に27.5%になるなど若年層から支持を集めており、利用率の拡大が期待されます。