株式会社西日本新聞社は、将来的なデジタル事業の再設計に伴い、月額400円で提供していた「qBiz 西日本新聞経済電子版」のウェブサイトを2019年3月31日に終了することを発表しました。

qBizは2012年10月に創刊。九州経済に特化したメディアとして、西日本新聞に掲載された経済面の記事をすべて格納するほか、オリジナルの速報や深く掘り下げた記事を発信してきました。

創刊から6年経ち、九州経済ニュースへのニーズが高まり続ける一方、アプリが主流になるなど読者のニーズやメディアを取り巻く環境も急速に変化。西日本新聞は、より充実した経済情報サービスを提供するには、新たな製品形態・価格を設計する必要があると判断し、今後、より読者の役に立つ新たなデジタルサービスの構築を目指すとしています。

サイト閉鎖後、qBiz会員については3月31日をもってqBizの有料会員としての退会処理が行われます。会員による退会手続きは不要。3月末を待たずに退会希望の会員はこちらから手続きが可能です。

本紙経済面の記事やオリジナルの経済記事は、引き続き「qBiz」のブランド名で、外部ニュースサイトやプラットフォームを通じて有料配信される予定。また、qBiz会員には、引き続きメールマガジンで新着記事やイベントの案内も配信されます。会員制交流サイト(SNS)・フェイスブックのqBiz公式アカウントも運用を継続し、さまざまな情報を提供していくとのことです。