コンテンツマーケティング支援において国内トップクラスの実績を誇るサムライト株式会社が、インフルエンサーマーケティングの効果を検証するため、インフルエンサーの発信を通じて与えられる商品の購買やブランドイメージに対する影響について調査を行いました。

調査サマリー

  • 好きなインスタグラマー、もしくはインフルエンサーがいる人は約53%を占める。
  • 5人に2人は好きなインフルエンサーの投稿を見て商品を買ったことがある。
  • 好きなインフルエンサーの投稿を見て、ブランドのファンになったことがある、または商品への興味を持ったは約8割。
  • 消費者はPR投稿を見て商品が欲しくなるのは、「インフルエンサーが本当に(商品)をおすすめするとき」と「広告っぽくない投稿であるとき」

・調査の背景

近年、SNSの浸透とともに、インフルエンサーと呼ばれる各プラットフォームの人気者が消費者に与える影響も大きくなっています。しかし、インフルエンサーマーケティングを実施する多くの企業は、インフルエンサーが消費者にどう思われているのか、消費者の購買行動にどのような影響を及ぼしているのかなど、インフルエンサーマーケティングに関する悩みを抱えています。

こうした背景を鑑み、インフルエンサーが消費者に与える影響の実像を掴み、企業のインフルエンサーマーケティング成功の鍵を探るため、本調査は企画されました。

以下は、特に興味深い回答が得られた調査結果です。

・調査内容

Q.好きなインスタグラマーまたはインフルエンサーはいますか?

Q.好きなインスタグラマー・インフルエンサーの投稿を見て、商品を買ったことがありますか?

Q.好きなインスタグラマー・インフルエンサーの投稿を見て、ブランドのファンになったことがありますか?

Q.インスタグラマー・インフルエンサーの投稿を見て商品が欲しくなるのはどんな時ですか?(複数選択)

Q.インスタグラマー・インフルエンサーの投稿を見てブランドのファンになるのはどんな時ですか?(複数選択)

・調査概要

実施企業・・・サムライト株式会社
調査手法・・・インターネット調査
調査期間・・・2019年1月25日~28日
調査対象・・・20代~30代の男女500名

※その他の設問を含む調査結果のPDFがサムライトのウェブサイトで公開されています。