株式会社NTTドコモは株式会社ジモティーと業務提携契約に合意したことを発表しました。今後は両社の事業資源を活用することで広告ビジネスをはじめとする両社事業の発展に努めるとしています。

■事業提携について

NTTドコモは中期戦略2020「beyond宣言」に基づき、「パートナー商流の拡大」を進めています。パートナーメディアが保有するお客様との接点の場やコンテンツなどをドコモのマーケティングプラットフォームを提携させることで、パートナーとのビジネス拡大を目指しています。

この度NTTドコモが業務提携を果たしたジモティーは、地域情報サイト「ジモティー」を運営しています。地域に根ざした個人間取引の情報サイトでは国内でも最大級で、両社が業務提携することで、広告ビジネスを中心とした発展を目指します。

■業務提携の概要
・「ジモティー」においてdアカウント®など、ドコモのアセットとの連携を行うことで、「ジモティー」の利用者拡大およびdポイントの会員基盤拡大をめざします。
・上記の連携を軸として、さらに両社の保有するデータを活用することでターゲティングの精度を高め、両社の媒体およびその広告価値の向上を図ります。
・ジモティー社が運営する「ジモティー」、ドコモが運営する「dメニュー®」等、両社が運営する各種メディアにおいて、ユーザーを相互に送客します。

■資本提携の概要
・ドコモは、ジモティー社が第三者割当増資により発行する株式の引受および既存株主からの一部株式譲受を実施します。
・なお、ドコモが譲り受けた株式には、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(以下、NDV)の保有分も含まれています。NDVはNTTグループ全体のスタートアップ・ベンチャーコミュニティの窓口として、国内外のスタートアップの発掘、事業シナジーの創出、ファンドを通じた出資を行っており、ジモティー社とドコモとの将来的な協業可能性を見据え2015年2月にジモティー社へ出資し、このたびの提携成立を機に株式譲渡に至りました。