ビューアブルでフラウドを排除した広告プラットフォームを提供するTeads(本社・フランス)はグローバルの決算に伴い、前期比35%という高い成長を記録したことを発表しました。

■Teads、2018年は35%の高成長

Teadsの2018年の収益は4億3,000万ドルで、前期比35%の成長を記録しました。現在世界中で毎月14億人のユーザーにリーチし、米国のインターネットユーザーは88%に達しています。

Teadsのエグゼクティブチェアマンであるピエール・チャパス氏は「FacebookやYouTube等のUGCに代わる、ブランドセーフティな配信プラットフォームのニーズが高まっています。14億人という巨大なユーザーリーチ、新たな戦略的パートナーシップ、デジタル広告マーケット全体を視野に入れたTeadsのビジョンの拡大は、2018年の当社のプレミアムな広告クリエイティブの進化に即しその軌跡を築けたものと確信しています。」とコメントしています。

■Teads(ティーズ)について

Teadsは2011年に南フランスのモンペリエで設立され、記事・コンテンツ内に動画広告を配信する開発者であり、アウトストリーム広告市場のリーディングカンパニーです。

世界28カ所にオフィスを構え、従業員数は700名以上です。2014年には日本に上陸しています。日本国内において300以上のプレミアム媒体とパートナシップを組み、月間10億インプレッション規模のネットワークを構築しています。

Teadsは2018年、The Global Media Platformを確立し、プラットフォーム内での様々な機能や統合、ターゲティングソリューションの開発などの広告主向けサービスを展開しています。また、広告クリエイティブ作成支援ツールの権限付与などをメディア側へのリリースを強化しました。

BBC、VICE、The Economist、O Globo、ハースト婦人画報社、日経BP社、South China Morning Post、Apple News UKなどの大手新聞社や出版社との独占的契約提携を全て更新しています。

多くのメディアとのパートナーシップも生まれていることから今後の事業発展も期待されます。