LINE株式会社は新たなコンテンツ事業として「LINEノベル」を2019年4月16日より提供開始しました。

「投稿作の独占出版」を行わない、新しい小説プラットフォーム

LINEノベルは自由に小説の投稿ができ、様々なカテゴリの人気作を読める小説プラットフォームです。

最大の特徴は従来の出版業界の枠組みである「投稿作の独占出版」を行わないことです。参画している全ての出版社で新たな才能の共有や発掘を行う「あたらしい出版のカタチ」になります。

参画している出版社は投稿者へ「書籍化」のオファーを出すことが可能です。オファーを受けた投稿者の情報は参画している全ての出版社が共有、オファーを出した出版社以外でもオファーを出すことが可能です。これにより、投稿者は書籍化する出版社を決定することができ、自分の可能性を最大限に活かせるパートナーに出会えます。

独自のレーベルも創刊

さらに、ライトノベルを牽引する株式会社ストレートエッジの三木一馬氏を統括編集長に迎え、新たなレーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」を創刊しました。各出版社と同じく人気作品を送り出す体制を整えています。

LINE社や参画出版社からのコメント

LINEノベルの提供開始にあたり、LINE社執行役員である森啓氏は「全社で協力し合って「LINEノベル」を通して新たな才能の発掘を行い、小説の面白さを改めて世に広めることで、出版業界においても新たな風となれるよう、貢献してまいります。」とコメントしています。

また、参画出版社の一つである株式会社KADOKAAWA 電撃文庫編集長の湯浅隆明氏は「書き手にとっても読み手にとっても小説がより身近なものになることでしょう。そこからヒット作を生み出すべく電撃文庫としても協力していきます!」と意気込みをみせました。

そのほか、参画各社からは今後のLINEノベルに対する期待感や意気込みが多く語られています。

■参画出版社
株式会社KADOKAWA/株式会社講談社/株式会社新潮社/株式会社集英社/株式会社実業之日本社/スターツ出版株式会社/株式会社宝島社/株式会社東京創元社/株式会社文藝春秋

2019年夏にアプリ配信も登場

今夏には「LINEノベル」アプリの提供が予定され、出版社から提供される既存の人気作品だけではなく「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」のレーベル作品として「原田マハ」「中村航」「鎌池和馬」などの人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品も読めるようになります。