株式会社日本経済新聞社が21日、日本経済新聞電子版に「noteで書く」ボタンを新設しました。

「note」は、日経が出資する株式会社ピースオブケイクが運営するコンテンツプラットフォームで、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるウェブサービスです。「noteで書く」ボタンを実装するのは日経電子版が初めてで、ボタンを押すとnoteの投稿画面が自動的に立ち上がり、手軽に投稿できます。

日経電子版の「noteで書く」ボタン

日経電子版のPC版に「noteで書く」ボタンを新設。記事ページに表示されたボタンをクリックすると、記事見出し、記事URL、ハッシュタグ「#COMEMO」が挿入されたnoteの投稿画面が立ち上がります。日経電子版の記事を読んだ時に、気づいたことや意見をそのまま手軽に投稿できます。

#COMEMO」付きのnote投稿を日経電子版などで紹介

ハッシュタグ「#COMEMO」付きで発信された中から編集者が選んだnote投稿を「COMEMO by NIKKEI」や日経電子版で紹介します。「COMEMO by NIKKEI」では、第一線で活躍するキーパーソンによる投稿や、一般の方によるハッシュタグ「#COMEMO」付きの中から選んだ投稿を掲載しています。ビジネスに関心のある多くの読者に届けます。