SaaS型動画広告自動生成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供するカクテルメイク株式会社が、動画広告のクリエイティブ作成が可能なフレームワーク『AIBAC』を開発しました。このサービスでは、10万本以上の動画広告クリエイティブを制作してきた実績をもとに、「①Attention(注意喚起)」「②Interest(興味関心)」「③Benefit(利益)」「④Action(行動喚起)」の4つの要素を抽出し、専門的なノウハウがなくても効率的な動画広告のクリエイティブを作成することが可能です。

加えて、「AIBAC」の各要素における具体的なポイントを100個まとめた「AIBACディクショナリー」も一部一般公開します。

「AIBAC」開発の背景

近年、モバイルデバイスやSNSの急速な普及により動画視聴が増加しており、企業の情報発信においては、コミュニケーション手段として画像や動画といったリッチコンテンツの活用が進んでいます。これに伴い、サイバーエージェントが発表したデータによれば、2018年の動画広告市場は昨年対比134%の1,843億円に達する見通しで、2024年には4,957億円に達する見込みとなっています。また、2020年には「5G(第5世代移動通信システム)」の商用化も予定されており、今後、さらなる動画広告市場の拡大が推測されます。

そうした背景のなか、カクテルメイクではクラウド上で簡単にハイクオリティでリッチな動画を制作できるSaaS型動画広告自動生成ツール「RICHKA」を展開。現在では、月間5,000本以上の動画が生成されています。

さらに今後、5G時代を迎えるにあたり、専門的な動画広告のノウハウを持たない人でも動画制作を行う必要性が増していくことが予想されることから、より多くの方が低コストで効果的な動画広告のクリエイティブを設計・制作できるよう、10万本以上の動画広告制作実績のノウハウを基に、動画広告の制作に必要な要素をまとめた新しいフレームワーク『AIBAC』が開発されました。

Attention(注意喚起):開始2秒で視聴者への“注意喚起”を示す
Interest(興味関心):商品や特徴を端的に伝えるための“興味関心”を示す
Benefit(利益):商品の訴求を欲求レベルで伝える”利益”を示す
Action(行動喚起)次の行動に誘導させるための“行動喚起”を示す

AIBACの効果的活用のためのヒントも

また、『AIBAC』の各項目における具体的なポイントを100個以上まとめた「AIBACディクショナリー」もあわせて一部一般公開します。例えば、「Attention」では、ターゲットに注意喚起を促すための、“第二新卒集まれ!”“女子のためのワーキングホリデー”などといった具体例を掲載。「Interest」では、ターゲットに興味関心を持ってもらうため、商品・サービスを端的に説明するための例として、「ワンタッチでお掃除完了」「かんたん動画制作」のような例が記載されているなど、『AIBAC』の各項目における具体的なポイントがまとまっています。

カクテルメイクでは、クリエイティブ制作における課題を解決する『AIBAC』の開発とともに、運用を成功させるための配信設計のフレームワークである「4W:WHY(目的)/WHO(対象)/WHAT(伝える価値)/WHERE(配信先)」を組み合わせて活用することで、最適解を導き出し、深掘りし、その幅を広げていくメソッドを構築しています。