株式会社電通デジタルは電通が提供する総合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用し、LINE株式会社の提供する運営型広告プラットフォームLINE Ads Platformにおいてオンオフ横断の広告配信・効果検証ソリューションの提供を開始することを発表しました。

提供の背景

これまでもLAPにおいては「STADIA」のテレビ実施視聴ログデータを使用したターゲティング配信の実施は可能でした。しかし、リーチや認知・好感度向上への貢献度などを実ログベースで検証することは困難でした。

そこで、電通デジタルとLINEが両社データを統合して分析や検証可能でセキュアな環境を協同で整備。配信後のテレビ広告・LAP広告の接触や非接触の実ログに基づくリーチ計測とマスとデジタル広告の統合検証までをパッケージ化しました。

先行事例もあり、国内大手消費財メーカーでは、テレビ広告と並行して「STADIA」から抽出した「テレビをあまりみない層」とLAPの類似拡張機能を活用した類似属性を持つユーザーを掛け合わせて、広告配信をしました。

その結果、通常配信と比較してテレビ広告に対するリーチの純増分が1.7倍に増加し、オンオフ統合リーチの最大化を実現。その後の検証結果ではLAPの類似拡張機能によって配信されたユーザーも「テレビをあまりみない層」であることが確認でき、拡張精度も担保しています。

■配信から効果測定まで

配信から効果想定までは「データ抽出」「セグメント作成・配信」「広告接触ログデータの統合・分析」「効果測定」という流れです。