インバウンドテクノロジーサービスを提供する&INTECH株式会社が、これまで日本企業には実質不可能であったWEBメディアの中国進出を支援するサービス「&チャイナオウンドメディア(&中国自媒体)」を開始しました。

サービス開始の背景

有害サイトブロック等を目的とした中国情報管理システム「グレートファイアウォール(Great Firewall/金盾)」や日中間の海底ケーブルの影響で、中国国内から中国国外サーバーへのアクセスは、速度遅延やブロックによる閲覧不可が発生するため、日本企業の中国サーバでのサービス展開の重要性が高まっています。

例えば、「日本サーバの簡体字サイトでTOPページの表示完了まで10秒以上の時間がかかる」、「香港サーバで新規サイトを立ち上げた際に中国から閲覧できなかった」、「簡体字アプリを開発したが中国からデータベースのアクセスができなかった」といった事例が頻発しており、安定したサービスを提供できないトラブルが見受けられます。

しかし、中国サーバを開設するには中国法人が必要であり、商用利用するためには中国内資企業のみ取得できる「計上性ICP(Internet Content Provider)ライセンス」が必要となります。そのため、日本企業が中国WEBメディアを展開することは実質不可能でした。

独自ドメイン、独自サーバでWEBメディアの展開を可能に

&INTECHでは、すでに経営性ICPライセンスを所有する中国企業と提携し、日本企業が独自のWEBメディアを中国で展開可能とする「&チャイナオウンドメディア(&中国自媒体)」を開始。独自CNドメイン、独自サーバを利用できるようになりました。

おすすめ情報サイト「mybest」の中国版といったコンテンツメディアやスマホアプリ、旅行情報メディア、自治体観光メディア、金融メディア等がすでにサービスインを行っています。

&ITECHでは、中国メディア進出支援サービス「&チャイナオウンドメディア」を販売するパートナー企業や、中国サーバ代理店様の募集も行っています。