JX通信社、第三者割当増資により約5億円を調達

報道ベンチャーのJX通信社は、グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合とSBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合を割当先とする第三者割当増資を実施し、約5億円を調達しました。

同社の累計調達額は、今回の約5億円と合わせて計約14億円になります。また、第三者割当増資に伴い、同社の社外取締役にグローバル・ブレインの百合本安彦代表取締役社長が就任しました。

今回の調達資金をもとに同社は、リスク情報SaaS「FASTALERT(ファストアラート)」を軸としたサービスのさらなる成長と「記者のいない通信社」としての新しい報道プラットフォームの確立を目指します。

■リスク情報SaaS「FASTALERT」

SNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し、配信するSaaSです。2016年9月のリリース後7ヶ月で全ての民法キー局とNHKで採用され、各局ニュース番組の「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。現在は、全国の大半のテレビ局での採用、新聞社や警察、消防、自治体、一般企業などでも採用されています。

■グローバル・ブレイン 百合本安彦代表取締役社長のコメント

「FASTALERT」は、企業活動における速報の重要性を上手く捉えたサービスです。後発のサービスながら、利用企業を確実に伸ばし、また報道機関だけでなく他業種への導入も進んでいる「FASTALERT」を非常に評価しており、今後も全力で支援していきたいと考えています。

■JX通信社 会社概要

  • 資本金:6億853万5000円
  • 主要サービス:リスク情報SaaS「FASTALERT」、ニュース速報アプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」、自動電話世論調査サービス「JX通信社 情勢調査」
2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事