株式会社イトクロが6日に発表した2019年10月期 第3四半期の業績(2018年11月1日~2019年7月31日)は、売上高36億3700万円(前年同期比0.8%)、営業利益14億9200万円(▲16.7%)、経常利益15億400万円(▲16.3%)、純利益9億6900万円(▲16.2%)となりました。

当社が事業展開する主要マーケットの1つである教育業界では、個人向けを対象としたeラーニングや映像配信 講座と個別指導を組み合わせた学習サービス、また難関校の進学に特化したサービスを提供する個別指導塾の増 加、企業のグローバル化に合わせた語学学習ニーズの増加等を背景に、効果的且つ効率的なマーケティング手法へ のニーズの高まりにあわせ、インターネット広告への出稿比率が増加しております。

このような中、当社では、メディアサービスにおいては、「塾ナビ」「みんなの学校情報」等の主要ポータルサ イトによる売上が堅調に推移しました。

今期の通期業績予想は、売上高43億5000万円(前年同期比▲3.2%)、営業利益14億円(▲30.0%)、経常利益14億1000万円(▲29.7%)、純利益9億円(▲17.1%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました