株式会社はてなが12日に発表した2019年7月期の業績(2018年8月1日~2019年7月31日)は、売上高25億2000万円(前年同期比20.5%増)、営業利益4億5200万円(41.5%)、経常利益4億4900万円(34.1%)、純利益3億2700万円(39.6%)となりました。

コンテンツプラットフォームサービスの売上高は、581,326千円(前年比1.2%増)となりました。コンテンツマーケティングサービスの売上高は852,105千円(前年比16.2%増)となりました。テクノロジーソリューションサービスの売上高は、1,087,021千円(前年比38.4%増)となりました。

今期の通期業績予想は、売上高27億8100万円(前年同期比10.3%増)、営業利益2億8700万円(▲36.6%)、経常利益2億8700万円(▲36.2%)、純利益1億9700万円(▲39.6%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました