fbpx

自然言語AIアドネットワーク「CANDY」運営のスリーアイズ、マイナビ、VOYAGE VENTURESから資金調達を実施

株式会社スリーアイズは、株式会社マイナビ、株式会社VOYAGE VENTURESを引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施しました。今回の資金調達を通じて、自然言語AIを搭載するアドネットワーク「Candy」の取り扱い広告・コンテンツの配信量の拡大を進めていくとしています。

CANDYについて

CANDYはスリーアイズが開発・運用するアドネットワークで、昨今の個人情報保護規定やITPによるcookie参照制限により影響を受けてしまう既存の運用型ディスプレイ広告サービスとは異なり、cookieを参照せず、高精度な記事ターゲティングと最適化運用を全自動で行う、次世代型のネット広告配信サービスです。

CANDYのもう一つの大きな特徴として、広告配信先となる多くの記事メディアサイトの記事本文とクライアントの商品やサービスの相性を言語分析する事で、クライアント毎の潜在ユーザー層の興味や関心、好相性ユーザー層のペルソナの可視化など、ユニークな付加価値機能を有しています。

【図解】潜在ユーザー人物像(ペルソナ)のAIによる可視化と販売力向上キーワードレコメンド(参考用サンプル)
潜在ユーザー人物像(ペルソナ)のAIによる可視化と販売力向上キーワードレコメンド(参考用サンプル)

スリーアイズ 代表取締役 牧之内隆大氏のコメント

「世界的に個人情報参照への制限と規制が進み、弊社が属する産業においても日々大きな変化が生じています。変化の激しい業界において、弊社は引き続き国内外から必要とされるAI技術の向上と新サービスの創出を、スピード感を持って推進してまいります。

今回実施する資金調達を通じて、営業の強化と出資企業との協業体制の構築により、自然言語AIを搭載するアドネットワーク「Candy」の取り扱い広告・コンテンツの配信量の拡大を進めてまいります。この配信量の拡大に伴い、言語AIの学習データの蓄積は更に進みます。その学習データの活用により、クライアントの皆様やパートナー企業のネット事業の成長に貢献する応用サービスの拡充を進めてまいります。」

【株式会社スリーアイズ 概要】
会社名:株式会社スリーアイズ
所在地:山形県米沢市アルカディア1-808-48-5号
(東京マーケティングセンター:東京都千代田区内神田3-24-4 9STAGE kanda1001)
代表者:代表取締役:牧之内 隆大事業内容:インターネットメディア向け情報配信システムCANDYの運営・マーケティング業務支援・市場調査業務受託・営業業務代行・事業戦略コンサルティング・ハードウェア及びソフトウェア開発業務代行

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,133フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事