楽天インサイト株式会社は、広告価値毀損測定のインテグラル アド サイエンス社(以下、IAS社)が提供するソリューションと連携し、広告接触者のブランド認知や購買意欲の変化を調査する「R-アドベリフィケーション・インサイト」の提供を開始します。

これにより、クライアント企業がDSPなどの運用型広告配信プラットフォームを通じて配信したオンライン広告が、指定したターゲットに適切に配信されているかの分析や、広告接触者のブランド認知・購買意欲の変化の調査が可能となります。

近年、デジタルマーケティングの世界では「アドフラウド」や「ビューアビリテー」「ブランドセーフティ」などの問題がとり沙汰されており、アドベリフィケーションへの意識が高まっています。

「R-アドベリフィケーション・インサイト」では、IAS社によって適切にオンライン広告に接触したと判断された閲覧者のうち、「楽天インサイト」に登録しているモニターに対して、アンケート調査を実施。アンケートでは、クライアント企業や商品、サービスに対する認知及び購買意欲が広告閲覧前後でどのように変化したかを調査します。

従来の調査では、ブランド毀損の恐れがあるサイトに広告が掲載された場合や掲載サイト上でのビューアビリティーが低い場合でも、アンケートモニターの申告次第で広告に接触したとみなされ、証左の正確性の担保が課題とされてきました。今回のサービス提供により、従来の調査より正確かつ精緻な調査報告が可能となります。