ニールセン デジタル株式会社は、2019年上半期のPCとスマートフォンの利用実態をまとめたレポート「Digital Trends 2019上半期」を発表しました。

過去4年で50-60代のスマホ利用が急増

2019年第2四半期(4~6月)のスマートフォンからのインターネット利用者(月間平均)は、前年同期比+5%の7,078万人でした。年代別に見ると、特に50~60代のスマートフォン利用率が過去4年で大きく上昇し、スマートフォンは全世代でインターネットを利用する際のメインデバイスとなっています。

スマートフォンからの動画サービスの利用状況は、2019年6月時点で動画視聴の月間平均利用時間7時間13分。5年間で約4倍に成長しています。

ニュース関連サービスでは「Yahoo! Japan」が首位

令和の元号発表時に、スマートフォンから利用されていたサービス(首相官邸公式アカウントでのライブ配信、ニュース関連サービス)の全世代1位は、「Yahoo! Japan」でした。

同社シニアアナリストの山腰知美氏は、「2019年上半期もスマートフォンの利用者数は継続的に増加し、スマートフォンは全世代でインターネット利用のメインデバイスとなりました。また、動画サービスの利用時間の増加が顕著です。通信速度の向上、通信プランやWi-Fi整備による視聴環境の改善が背景にあると考えられます」とコメントしています。

今回の調査対象データは、ニールセン インターネット基礎調査、PC版インターネット視聴率情報ニールセン ネットビュー(Nielsen NetView)、スマートフォン視聴率情報ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)です。