株式会社 ザッパラスが2日に発表した2020年4月期 第2四半期の連結業績(2019年5月1日~2019年10月31日)は、売上高17億6600万円(前年同期比▲15.9%)、営業利益▲3500万円(―)、経常利益▲6100万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲9100万円(―)となりました(決算短信)。

前年度中に、既存占いサービス事業を株式会社cocoloniに、占いプラットフォーム事業を株式会社ワナップスに承継する形での会社分割を行いましたが、各社の事業を進めていく中で、再度、組織運営の見直し を行い、株式会社ワナップスに関しましては2019年8月1日を効力発生日として当社に再吸収するに至りました。また、2019年9月4日には、株式会社コンコース(現・StockTech株式会社)の占い関連サービス事業の譲り受けに向けて基本合意を締結しています。

※本記事は決算AIによって生成されました