早いものでもう年の瀬。皆様にとって2019年はどのような一年だったでしょうか? 2019年1月にオープンしたMedia Innovationも最初の一年を終えようとしています。これまで10回の特集企画、13回のイベントを開催し、多くのメディア業界のキーパーソンを取材してきました。12月特集は「メディア業界2020年の展望」という事でこれまで登場いただいた皆様にメッセージをいただきました。

株式会社M&Aクラウドは、オンラインのM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営。11月には売り手の登録社数が2000社を突破したと発表しています。特にIT企業に強く、ウェブメディアの売買案件も多くあると言います。

Media Innovationの6月特集「メディアとM&Aのリアル」では、同社の 及川厚博代表取締役CEO にメディアのM&Aの現状について聞きました。改めて、及川氏に今年の振り返りと、2020年の展望ということで、メディアのM&Aにおける市場について聞きました。

2019年はメディア業界にとってどのような年だったでしょうか?

メディアのM&A業界としては冬の時期が到来したと思います。YMYL(Your Money, Your Life=お金や健康関連の検索のこと)関連のSEOのアップデートや記事コンテンツ型のメディアが軒並みダメージを受けました。その結果、弊社が運営するM&Aクラウドでの登録は非常に増えましたが、営業利益の1~1.5年程度しか評価されないといった状況になっております。過去にメディアを買収した各社がその状況になっているため、今後もメディアのM&Aは厳しい状況が続くでしょう。一方、オーソリティの高いメディアは価値が高いのでバリューが上がっていくものと思います。

これからのメディアに求められること、直面する課題はどういったことでしょうか?

コンテンツへの投資。オーソリティの獲得になるかと思います。直面する課題は、オーソリティの影響が高まったことで個人アフィリエイターが勝てなくなってくる時代が来ます。規模や信頼が求められてくるでしょう。

2020年に取り組みたいと考えていることはどういったことでしょうか?

シリーズA以降のステージのベンチャーのM&Aや資金調達のお手伝いをしたいと考えています。ベンチャーに対する事業会社の買収ニーズ・出資ニーズを弊社が一番有していると考えていますので、それを活かそうと考えています。

読者の方にメッセージがあればお願いします。

メディア運営は難しい時期が来ましたが、ゲームチェンジが起こってきているので新たなメディアが勝つチャンスが来ているとも言えます。逆風に負けず良いメディアを立ち上げて、お気軽に弊社に相場観などお聞きしに来てください。

ぜひ取材記事もチェックしてみてください

メディアの買収で失敗しないためには? テクノロジーでM&Aに流通革命を目指すM&Aクラウド及川社長に聞く