ロボットスタート株式会社は、オンキヨー株式会社、株式会社ファンコミュニケーションズなどを引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施したことを発表しました。調達金額は不明。

今回の第三者割当増資により、ロボットスタートは同社サービス「Audiostart」の開発体制のさらなる強化、営業体制の増強を目指すとしています。

オンキヨーとは次世代音声デバイスと音声アプリケーション領域での協業、ファンコミュニケーションズとは音声によるアフィリエイト広告領域での協業を想定しており、シナジーが期待されます。

「Audiostart」とはメディア向け無料音声化サービスと音声広告配信ネットワークサービスを組み合わせたソリューションで、現在100以上のメディアの音声化を支援しているとのことです。

※ロボットスタートはMIを運営する株式会社イードの投資先です