経済メディア「Stockclip」がリニューアル、名称を「Strainer」に変更

Stockclip株式会社は、運営する経済メディア「Stockclip」を「Strainer(ストレイナー)」としてリニューアルすると同時に、社名も株式会社ストレイナーに変更することを発表しました。

2017年7月の設立以前より、決算情報を中心とする経済メディアとして「Stockclip」を運営してきた同社は、情報感度の高い経営幹部や若手ビジネスパーソンを中心に有料会員を集め、事業を成長させてきました。今回、目指す方向性や理念を改めて言語化、価値観をそのまま表せる形である「Strainer」に名称を変更しました。

サービスの名称である「Strainer」という言葉には、日本語で「茶こし」という意味があります。「複雑な世の中から、重要な情報だけをシンプルに抽出・整理したい」という思いから、この名称に決定しました。Strainerは今後、これまで以上に質の高い記事コンテンツや機能、社内外での幅広い取り組みを進めていきます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事