FLUX、日本業者初のAMP対応のヘッダービディングを開始

株式会社FLUXは、日本業者として初めてGoogleなどが推進するAMP( Accelerated Mobile Pages)フォーマット対応のヘッダービディリングをリリースしました。

従来のウェブブラウザにおけるヘッダービディリングと異なる技術内容で、複数の広告事業者とサーバー間連携を通じて広告のオークションを行います

AMPは日本で急速に拡大しているフォーマットです。パブリッシャーがAMPに移行した際も十分なサポートができるように、FLUXは尽力するとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事