Speeeが東証マザーズ上場承認、時価総額は298億円想定

SEOコンサルティング、トレーディングデスク、ネイティブ広告ネットワーク「UZOU」などを展開する株式会社Speeeが東証マザーズへの上場承認を受けました。上場日は4月20日。想定発行価格2,590円から算出した上場時想定時価総額は約298億円、公募で約6.2億円を調達予定です。

直前期の2019年9月期は売上高73億6150万円、経常利益3億0138万円。また、進行中の2020年9月期 第1四半期は売上高22億8396万円、営業利益2億8961万円となっています。

セグメントはWebマーケティングやデータ活用のコンサルティングや「UZOU」などの広告関連事業を展開する「MarTech事業」(前期売上高 約48億)が主力で、そこから派生して家の売却サイト「イエウール」、外壁塗装の比較サイト「ヌリカエ」を運営する「X-Tech事業」(約25億)が伸び盛りです。ブロックチェーン技術を活用したデータプラットフォームなどを展開する「Data Platform事業」と、海外やヘルスケアの「その他」が投資中の領域になっています。

セグメント別の状況 単位1000円(MI作成)

大株主は創業者で代表取締役の大塚英樹氏が29.91%を所有しているほか、共同創業者で取締役の久田哲史氏が資産管理会社と合わせてが52.89%を所有、取締役の渡邉昌司氏が8.32%などとなっています。1の部に記載されているのは7名のみで、VC等外部の投資家がいないという構成になっています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事