fbpx

セプテーニ、業績予想を下方修正・・・新型コロナウイルスの影響で下期はほぼ利益を見込まず

デジタルマーケティングやコンテンツプラットフォーム事業を展開する株式会社セプテーニ・ホールディングスが28日、2020年9月期の通期業績予想を下方修正すると発表しました。

修正後の予想は売上高170億円(▲20億円)、Non-GAAP営業利益12億5000万円(▲12億5000万円)、純利益7億2000万円(▲6億8000万円)としました。同時に発表した第2四半期の業績(10-3月)は売上高88億000万円(前年同期比+5.2%)、Non-GAAP営業利益(IFRSの営業利益から一時的要因を調整したもの、以下営業利益)11億6800万円(+14.3%)でしたから、下期は殆ど利益を見込まない計算です。

ただし、9月末まで影響が継続する事を前提とした保守的な数字であるとしていて、早期収束があった場合には相応に上振れるとしています。

新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大の影響を保守的に見積もったもので、3月の影響額は営業利益で5000万円に留まりましたが、下期では売上高ベースで計画比20%程度のえいきょうを想定しています。一方、広告費削減や広告収益の減少があるものの、デジタルトランスフォーメーションの加速、巣篭もり消費、EC市場の拡大、トラフィックの増加などは中期的なプラスの要素もあるとしています。

同社の主力はデジタルマーケティング事業で、電通との業務提携も順調に進捗しているようです。急速に伸びているのはマンガアプリ「GANMA!」を中心とするメディアプラットフォーム事業で、売上高は上期までで前年同期比で43.9%増。依然として営業利益で4億6400万円の赤字となっていますが前年よりは5000万円縮小したようです。こらは広告、課金ともに伸びていて、「GANMA!」発のアニメ化クラウドファンディングなども行われているようです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事