Spotifyが子供向けアプリ「Spotify Kids」を国内で提供開始

音楽ストリーミングサービス「Spotify」はSpotifyの子供向けアプリ「Spotify Kids(スポティファイ キッズ)」の提供を2020年5月12日より開始しました。

「Spotify」は2008年にスウェーデンでサービスが開始したサービスです。5000万以上の楽曲や100万以上のポッドキャスト番組を無料で発見・管理・共有できます。現在、79の国と地域に有料有料プラン「Spotify Premium」の会員を含めると2億8600万人以上のユーザーを抱える世界で最も人気のオーディオストリーミングサービスです。

今回はその子供向けアプリの提供となります。

「Spotify Kids」について

「Spotify Kids」は3歳以上を対象に子供の安全性やプライバシー保護を配慮して設計されたアプリです。

「Spotify Kids」では、経験豊富なSpotifyのエディターが子供が一人でまたは家族と一緒に楽しめるように適切な音楽や音声コンテンツを厳選されています。さらにより安心して使えるように子供の年齢にあわせて「幼児向け」か「子供向け」を選択できるほか、各種ペアレンタルコントロール機能も用意しています。

「Spotify Kids」の主な特徴は以下をご覧ください。

• 子供が一人ひとりで自身のアカウントを持ち、好きな音楽や音声コンテンツを楽しめる
• 不適切なコンテンツを含まず、また子供が使いやすいように設計されている
• Spotifyのエディターが厳選した音楽や音声コンテンツのなかから、新たなお気に入りを発見できる
• Spotify Kids用に作成された子供向けプレイリストを楽しめる
• 広告が入らず、インターネット接続のないオフライン環境でも利用できる

また、日本で利用できるコンテンツの特徴は次の通りです。

• 子供に人気の邦楽・洋楽・K-POPアーティストの楽曲を幅広く提供
• ディズニーやスタジオジブリをはじめ、映画やテレビでお馴染みな作品のサウンドトラックも充実
• 子供向けに作成した「おやすみ前」「パーティ」「遊ぶ」などのテーマ別プレイリストも多数用意

なお、「Spotify Premium」の「プレミアムファミリープラン」(月額1480円)に登録中の方が「Spotify Kids」を利用することが可能です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事