新型コロナウイルスの影響で、3-4月の若年層のスマホ動画アプリ視聴時間が大幅増加

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社が、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2020年以降のCOVID-19 の影響による動画サービスの利用状況の変化について発表しました。

日本では、各種サービスの中でも投稿型の動画サービスの利用状況が大きく変化しており、3-4月の1人あたりの月間平均利用時間は、1-2月平均と比べて約1時間増加していました。

年代別に見ると若年層での利用時間の増加が目立っており、月に2時間40分以上も増加していました(図表1)。

利用時間が増えているタイミングをみると、1-2月平均と比べて3-4月平均では、全ての曜日で利用時間が増加しており、曜日に関係なく利用が増加していることがわかりました。

時間帯別では、全ての時間帯で利用時間が増加しているものの、特に8時から16時までの日中ではCOVID-19の影響が出る前の1‐2月と比べて20%以上利用時間が増加していました(図表2)。

同社シニアアナリストの高木史朗は、次のように述べています。

「COVID-19の影響により休校や在宅勤務など、私たちの日々の生活は大きく変化しました。このような中、増加した自宅での自由時間を、スマートフォンでエンターテイメントコンテンツを視聴する時間に費やす消費者が増えていることがわかりました。こういった緊急事態のなか消費者とコミュニケーションをとっていく上で、どのようなメッセージを伝えるかが重要ですが、併せて、どこで、いつメッセージを伝えるか考え直す必要があります。年代によって、利用するデバイスやそこで消費するコンテンツも異なるため、COVID-19の影響でターゲットのメディア消費がどのように変化したのかを把握して、最適なメディアを選定していくことが重要です」。

ニールセン モバイル ネットビューは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,392フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事