fbpx

Zoomでおうちデート?オンラインで出会って成功するためのアドバイス

本記事はThe Conversationに掲載された、アメリカのMichigan State UniversityのSheril Kirshenbaum教授による記事「Dating over Zoom? Don’t be surprised if those online sparks fizzle in person」をCreative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、掲載するものです。

自粛期間中に独り身である人はNetflixのリアリティショー「Love is Blind」の出演者と同じ状況にあるかもしれません。

Love is Blindでは、出演者は実際にお互いの姿を見る前に交際します。また、ロックダウン結婚は少し言い過ぎかもしれませんが、数週間や数か月の間に2人がお互いのことを本当に好きになる可能性は十分にあります。またそうした関係は、メッセージのやり取りを経たのちのデートによって始まるものかもしれません。お互いの姿を見ない状態でやりとりをした後、次の段階として定期的にZoom通話でやりとりを行います。おそらく、この段階で彼らは互いの将来を想像し始めたことでしょう。

現在、州が制限を緩和し始めているので対面の約束という次のステップに進んだ人もいるかもしれません。

彼らのオンラインでのやりとりが本当の愛に繋がるタイミングはいつでしょうか?

私の著書『The Science of Kissing』では、どのように相性が私たちの感覚と関係しているかについて説明しています。パートナーの触覚、味覚、嗅覚に関する情報がない状態で、自粛中にオンラインデートしている人々は盲目的にそうした情報を欲しています。

鼻腔神経伝達物質

人間が感じる魅力という感覚は、何百万年にもわたって発達してきた刺激の影響を強く受けています。

レストランや映画館に行くといったような伝統的なデート中にカップルは、並んで歩いたり、手をつないだり、抱き合ったり、キスをしたりして積極的にパートナーの情報を収集します。これらの行動により、脳と体の間に神経インパルスが送られ、私たちの気持ちに影響を与える化学的メッセンジャーを刺激します。ホルモンと神経伝達物質は、お互いの仲が順調な時にナチュラルハイと呼ばれる高揚感または陽気な気分を感じさせる働きがあります。愛を発見することは、解剖学、内分泌学、実証実験により可能で、過度にレベルの高い科学技術は必要ないのです。

私たちの感情に関与する最も重要な神経伝達物質の1つは、渇望と欲求を作り出すドーパミンという物質です。この天然薬は、パートナーとの肉体的な親密さを介して促進することができ、また新しい物事に夢中にさせる働きがあります。もちろん、ドーパミンは行動を動機づける化学交響楽団の演奏者の1人に過ぎません。親密な関係は、愛着と愛情の感覚を生み出すオキシトシンの放出と、私たちの心拍数を高めてストレスを軽減させるエピネフリンの放出も促進します。また、親密な関係を築くことは強迫観念や心配を引き起こす働きのあるセロトニンの減少をもたらします。

実際、ある研究では、「恋に落ちた」と報告した人々は、強迫性障害に苦しむ患者と同じレベルのセロトニンが分泌されていることが明らかになっています。これは睡眠障害や食欲不振につながる可能性もあります。多くの場合、症状は「恋に落ちた人」との出会いに起因するとされています。

私たちの鼻は、私たちが誰に恋をするかということについても強力な役割を果たします。有名な「汗の匂いがついたTシャツの実験」によると、女性がパートナーを選ぶ際に男性の体のにおいはその選択に影響を与えている可能性があるとされています。被験者の女性は、ほとんどの場合、病気に対する免疫反応が遺伝的に自分と異なる男性のにおいを好みます。科学者は、主要組織適合遺伝子複合体と呼ばれる遺伝的多様性を持つ人を選択することが、柔軟で多様な免疫システムを持つ子供を生むために重要であるためだと理論づけています。

キスは関係を構築することも破壊することもできる

男性のにおいは、早い段階で意識するものではないかもしれませんが、男性に近づきにおいを確認することは、カップルのための一種のリトマステストとして役立つでしょう。キスは2人の鼻をほおに移動させ、他の手段では入手困難であるにおいと味のサンプルを互いに提供します。2007年にアルバニー大学で行われた調査の結果、男性の59%と女性の66%がファーストキスがうまくいかなかったことが別れの原因となったと報告しており、おそらくその原因はサンプルの相性が合わなかったということでしょう。

プロフィールや写真が人の注意を引く原理はそれほど明らかになっていません。しかしオンラインデートにおける行動の研究は、外見的な特徴と個人が受け取る関心のレベルが相関していることを明らかにしました。例えば、ショートヘアーの女性は長いストレートの髪を持つ女性と比べると男性からの注目は集まらず、また約188cm〜193cmの男性の方が女性との関係がうまくいくといったデータがあります。最初の外観への注目は、親密さや経験を共有するといった長期的に関係を築く上では重要ではない要素に基づいて、男女がくっつくことを促進します。

かつてないほど人々が孤独を感じている現在において、オンラインデートにはいくつかの利点があります。例えば、自粛生活により男性と女性が実際に会う前にお互いのことを知る時間が作り出されている点などがあるでしょう。

一部のカップルにとっては、実際のデートを通じてオンラインでの出会いによって生じた火花が熱い関係に変わることもあるでしょう。一方で、友達としての関係がお互いに適していることに気づく人もいるでしょう。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

The Conversation
The Conversationhttps://theconversation.com/
The Conversationは2016年に設立された研究者や専門家によるニュースやオピニオンを伝えるメディアです。

関連記事