Facebookショップの提供を国内で開始…ショッピングの楽しさを体験できる場を提供

Facebookは、中小ビジネスのオンライン事業をサポートするFacebookショップの提供を国内で開始します。

Facebookショップは、Facebookが提供する様々なアプリを使用してカスタマイズできるオンラインショップを無料で作成し、公開できるサービスです。物を購入するという作業ではなく、ショッピングの楽しさを体験できる場を中小ビジネスが提供できるよう支援します。

おすすめの商品を自社のカタログから選んでコレクションを作成したり、画面の色を変更してショップの雰囲気をブランドイメージに合わせて表現でき、オンライン事業を自社の規模や予算に関係なく始めることができます。

Facebookショップへのアクセスは、ビジネスユーザーのFacebookページやInstagramのビジネスプロフィール、ストーリーズ、広告から行います。ユーザーはコレクションを見て興味のある商品を保存したり、注文することができ、日本では注文するとビジネスユーザーが保有するアプリ外のWebサイトに遷移し、商品を購入することができます。

質問やサポート、配達の追跡にも対応。ビジネスユーザーと一般のユーザーは、メッセージをWhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトを活用してやりとりできます。将来的には、WhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトのチャット内でビジネスのショップを見て、購入できるようになります。

今後、数か月をかけてより多くのビジネスユーザーや一般ユーザーの利用に対応していく予定です。現在、FacebookページショップやInstagramのショッピング機能を利用しているビジネスユーザーは、自動的にショップへ移行し、メールやアプリ内の通知を受け取り次第サービスを利用できるようになります。ショップの作成は、各種条件を満たし、Facebookによる審査で承認されれば、無料で作成できます。

今夏は米国から、Instagramの発見タブに「Instagramショップ」という機能を導入。今年後半には、新しいタブを発見タブの上部にあるナビゲーションバーに追加し、ワンタップでInstagramショップにアクセスできるようになります。

また、簡単にリアルタイムで商品を購入できるライブショッピング機能の搭載も予定。ライブ配信前にFacebookショップ上のカタログから商品をタグ付けできるようになり、タグ付けされた商品はライブ動画の画面下部に表示され、タップで詳細を確認したり、購入できるようになります。この機能は現在、一部のビジネスユーザーとFacebook、nstagram上でテストをしており、今後数か月以内に広く展開していく予定です。

また、Facebookアカウントと、地元のカフェのポイント券のようなロイヤリティプログラムを連携する方法をテストしています。中小ビジネスユーザーがFacebookショップでロイヤリティプログラムを作成したり、管理したり、公開したりできる方法も検討しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事