「SmartNews」が創業以来のメジャー・アップデートを実施…ピンポイント降雨予測「雨雲レーダー」などを追加

スマートニュース株式会社が提供するニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」は、同社創業以来のメジャー・アップデートをリリースしました。

今回のアップデートは、ピンポイント降雨予報、ニュース検索や閲覧履歴などの新機能を追加し、これらの機能にアクセスしやすくするためのナビゲーションバーを採用しました。

雨雲レーダー機能

台風シーズンを前に「雨雲レーダー」の機能を追加。マップ上で任意の場所でいつ雨が降り始め、いつ雨が止むのかをピンポイントで予報します。予報範囲は250m四方、15時間先までの降雨量をログイン不要、無料で確認できます。

ニュース検索機能追加

要望の多かった「ニュース検索」機能を追加。ニュースやトピックに関連する情報の深堀りや、SmartNewsの各チャンネルを調べることができます。正しい情報と不確かな情報が混ざり合う現代インターネットで信頼できる「良質な情報」を伝える一助になればとの思いで開発したとしています。

直近の閲覧履歴をチェックできるアカウントページ

アカウント毎の「閲覧履歴」機能を追加。以前に読んだ記事を簡単に見つけられるようになり、自身がどんなコンテンツを好んで見ているのかという気付きにもつなげることができます。

ナビゲーションバーで「なめらかな」ユーザー体験

SmartNewsが強みとしている滑らかな動きと、使いやすさを一層強化するために、画面下部にナビゲーションバーを設置、より各ページにアクセスしやすくなるようUI/UXが強化されました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事