fbpx

Twitter、多数のユーザーのツイートを一時的に停止…アカウント一斉乗っ取り事件に対応のため

Twitter社は、日本時間7月16日(木)朝、多数のユーザーのツイートやパスワードリセットの停止を行いました。公式サポートアカウントによると、16日(木)に発生した特定の著名人のアカウントが一斉に乗っ取られた事件への対応策として、このような措置が一時的に取られました。今回の事件を受け、Twitter社はセキュリティの調査・改善に24時間体制で取り組んでいます。

今回の一斉乗っ取り事件では、大企業や政治家、芸能人などのアカウント、および仮想通貨関連のアカウントが何者かに乗っ取られ、仮想通貨詐欺メッセージの投稿が行われていました。外部の何者かによってTwitterの内部システムへのアクセスが行われたことが原因である可能性が高いと見られています。今回のアクセスでは130のTwitterアカウントが標的となり、そのうち45のアカウントでパスワードのリセットやツイートの送信が行われていました。

今後Twitter社は、現状ロックがかかっているすべてのアカウントのロックを解除を目指すとともに、外部からの攻撃を防ぐために、システムの安全性の向上や、法執行機関と連携したうえでの今回の事件に関するさらなる調査に取り組みます。

なお、18日(土)時点で、Twitter社はロックさせていたほぼすべてのアカウントを復旧させるとともに、ツイート機能を復活させています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,132フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

関連記事