fbpx

写真共有サービスのルームクリップ、総額10億円の資金調達を実施…累計22億円超

写真共有サービス「RoomClip」を運営するルームクリップ株式会社が、シリーズDラウンドにおいて、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。本ラウンドを経て、同社の累計資金調達額は22億円超となります。

資金調達の内訳は、日本郵政キャピタル株式会社、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ、株式会社マーキュリアインベストメント、岡三キャピタルパートナーズ株式会社、株式会社博報堂DYベンチャーズらを運営者とするファンドおよびプラス株式会社を引受先とした第三者割当増資と、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行他の金融機関からの融資ということです。

ルームクリップは、「日常の創造性を応援する」をミッションに、住まいと暮らしの実例写真共有サービス「RoomClip」を提供。国内で最も「実際に人が生活している部屋の写真とデータ」が集まるインテリアSNSに成長しています。

新型コロナウイルス感染症の影響により家で過ごす時間が増え、ユーザー投稿へのニーズが高まったこともあり、RoomClipの月間ユーザー数は830万人(2020年5月)、投稿された写真枚数は累計400万枚を超えました。外出自粛による影響から、提携している外部ECサイトへの送客数も、前年比200%超えと急伸しています。

同社は今回の資金調達により、新規事業開発や顧客獲得のためのマーケティング強化、それらを加速させるための人材採用への投資を積極的に行なっていくとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事