fbpx

アップル、iOS14以降のIDFAの使用制限を2021年に延期

アップルが最新のiOS14より、広告でユーザーをトラッキングするための仕組み、IDFA(Identifier for Advertisers)にアプリがアクセスする際に、ユーザーのオプトインを必須とするという変更を加えた件で、iOS14の導入が近づくにつれて反発が強まっていましたが、アップルは3日、この適用を来年まで延期すると明らかにしました。

iOS14、iPadOS14、tvOS14はアプリ間や他の企業が運営するウェブサイト間でユーザーを追跡したり、デバイスのIDFAにアクセスする際にユーザーの許可を必要とするようになります。私達はユーザー自身が許可するか拒否するか選択できる必要があると考えています。この変更を開発者が実行できるように、アプリがユーザーを追跡する際に許可を必要とするのを来年初頭とします。

アップルは開発者向けのメッセージで上記のように説明しています

IDFAの取得がユーザーの許可を必須となることで、広告収益の低下に繋がると考えられ、フェイスブックは同社が展開する「Facebook Audience Network」の収益を大きく損なうとアップルを非難。メディア企業でも、広告収益の添加が見込まれるため、アプリの提供を中止する考えを表明する企業も現れています。

一方で、これはあくまでも延期であり、プライバシー重視の流れは明確であり、過度にユーザーをターゲティングし広告効果を高めていく仕組みは再考する必要があるものと思われます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事