講談社、凸版印刷、CCIが合弁会社を設立…コンテンツ事業のDX推進を目指す

株式会社講談社、凸版印刷株式会社、および株式会社サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)の3社が合弁で、株式会社コンテンツデータマーケティング(以下、CDM)を設立しました。

CDMは、出版社の多様なコンテンツを活かしてAIによる自然言語解析技術を磨き、コンテンツデータと生活者のデータをIDで結び付けて解析。これによりレコメンデーションやマッチング等の精度を高め、コンテンツ事業者を中心に様々な企業へ新たなソリューションを提供していくとしています。

個人情報データの利用規制が世界的に強化される中、生活者からの利用許諾をあらかじめ得た情報をIDで連携させるアプローチは、特に注目を集めています。

CDMは、出版社が培ったメディア運営ノウハウと、CDM独自の個別最適化ソリューションをフル活用して、メディアの高付加価値化とマネタイズも強力にサポート。

その他、性別、年齢などの属性情報では届かない生活者に対し、「オタク性」という曖昧なセグメントに届ける広告配信最適化ソリューションや、広告配信最適化プラットフォーム、LINE配信最適化ツールなど、CDM独自開発のソリューションをすべての企業に提供し、一般企業のマーケティング活動も支援するとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事